2006年04月28日

灰色『Gerbera』。

だいぶ空いてしまいました。

本当に誰にも望まれない企画になってしまってるかもしれないが、笑
灰色、最後の収録曲『Gerbera』です。



デモを聴いた時からこれはイイ曲になるなと思いました。
ある意味王道。
『王道』とは?みたいな話をすると
最終的にプロレスの話になりかねないので割愛、笑。

構成的な部分で、多少 二転三転したがすんなりと今の形に。
メロディーも自然に出て来た感じで、
最初は『なんか微妙だなぁ…。ま、後で変えよう。変えればイイさ!』
とか思ってたんだがそのまんなで現在はだいぶ気にいってます。

好きだ!
大好きだ!!笑


しかしレコーディング時は、唄録り時に勝手にハマったり笑、
Bメロのベースラインが最終的に曲にハマってないんじゃないかって事で
皆で頭を捻ったり若干苦労しました。

んで、最終的にBメロ最高!

超好きだ!笑

歌でハマったトコは所謂Cメロでギターソロの後のトコですね。
『こうゆうのは一発でガッチリ決めないと良いテイクは録れん』
とかホザいて録り始め、最高にイイ感じだったのだが
最初からアドリブで行こうと思ってたので唄い回しを決めてなく後半グダグダに笑。

その後、延々とメンタル面でハマり続け笑、ここだけ相当唄いました。
最終的には喉が完全に死んでる感じがいい雰囲気だなと思ってます。
勿論、最初から狙ってたがね!笑



そんで詩。
とにかくツラツラと言葉が出るままに仕上げました。

『Gerbera』は祈りに収録されている『手紙』という詩の中で
手紙を送った人のその後のって感じで。


非日常的な現実が残した感情の唄です。
この唄には悲しみ以外の感情はありません。

以上です。



『Gerbera』の詩をつけた頃、
作業の進行上、『灰色』発売の延期が検討されました。
実は、実際に延期する事が決定してました。

だけど、ただ延期って訳には気持ち的にアレだって事で
またもや『手紙』がボーナストラックとして一位指名される。
祈りの時もボーナストラック要員だったんだよな『手紙』笑。

が、エンジニア佐野氏が己の休みを削ってくれて、なんとか間に合った。
『手紙』も入れたかったが、そこまで時間はなくワンマンで無料配付って事に。
ま、結果的には良かったかなぁと思ってます。



そんなこんなで出来上がった『灰色』という作品。
そろそろ、それぞれ任意のCDラックに収まったままになってると思うが笑、
ま、それはそれでいいよ、笑。

突然の訪問客、しかも早く帰って欲しい!
そんな時にかけてくれるだけでも満足です。


ではそんなトコで、笑。
posted by 想 at 00:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

灰色『ロザリオ 〜罪人に捧ぐBallad〜』。

御無沙汰。
『白い花』の余韻を掻き消すように5曲目。

とにかくロックが演りたかった。
ゆっきーさんが、笑。

そんで作った曲。

作った段階ではロック色はもうチョットさり気ない感じだった。
猛烈にカッチョよく死ぬかと思いました、笑。

最終的には相当キテる感じで最高のナンバー。

好きだ、笑。
大好きだ!笑

この曲だけギターはマーシャルで録ってます。
どうだ!笑

Aメロで低く唄ってるトコはサウンドを多少でもヴィよりにする為に、笑。

家庭で、爆音。
ライブでは是非暴れて下さい。

m(_ _)m


詩の方は
『それは本当に自分の感覚なのか?あ〜ん???』
と、そんな詩です。


曲 同様に短く終了。
ではまた。
posted by 想 at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

灰色『白い花』。

ハイペースに4曲目。

そして今日は所謂、誕生日。
◯◯歳に、笑。
おめでとう。


ま、それは置いといて。
『白い花』は、確か『頽廃ロォマンス』のツアーファイナルで新曲を、
って事で作ったのかな?


あのツアーに出る前に皆で話し活動休止を決めた。
途中だったかなぁ???忘れちゃった、笑。
まぁいいや、もう、笑。

あまり前向きな選択ではなかったけど、活動を休止していなかったら、
間違いなく既に解散していたと思う。

逆に言えば、皆、emmureeを続けたかったから
活動を休止するという選択になったのだと思う。

そうゆう状態だった。

その選択は音楽を演るならemmuree以外にない、
そんな全員の意思による選択でもあったと思う。

何か活動に閉塞感を感じていたし、自分達を外から見てみたいとも思った。
それは周りの状況も含めて。


そして活動休止を伝えた単独公演を迎える。
何か、希望を感じさせる素敵な曲が欲しいと思った。

奇跡的にその曲はアッという間に出来た。
ギターを持って鼻歌混じりに『フフフ〜ン♪』と、笑。
優しく、そして大きく包み込んでくる様な、
単純に良い曲だなぁと、思ったね、自分で。笑

単独公演時には詩をつけなかった。
詩はなくとも伝わる、そう思ったから。
それはある種、運命でもあったと思う、今思えば。



そして去年の四月、絶望の淵に立たされた。
今、emmureeの想が存在してる事は奇跡に近い。
いや大袈裟過ぎだな笑、
銀のエンジェルが出るくらいの確率で存在している。

………。


2005年6月6日の公演は自分にとって最後の、になるだろうと思った。
正確には『最後にするべき。』そんな気持ちに苦悩しながら、その日を待った。
そしてその日、この曲は唄っておきたいと強く思った。

『白い花』を。


『白い花』は自分をこの世に産み落としてくれた人の事を詩にしました。


彼女は今、自分一人の力で生きてゆく事は出来ません。
家族は勿論、様々な人の助けを受けて毎日を過ごしています。
思う様に喋る事すら、ままなりません。

だけど、自分に向けられる目は小さな頃に見た目と変わらず、
優しく、穏やかに、見守る様に向けられている。

こんなオッサンを捉まえて笑、
ホント、子供扱い。


そして今、自分もまた様々な人に支えられ、存在している。



一つの道を選べば何かを失う


1年前に、そう考えていた事は間違いだった。
それは今この時間が証明している。





今日、また一つ歳を経た、笑。
おめでとう、笑。

凄く充実した気持ちだ。


父親、母親、二人の出会いに
強く感謝したい。



そして

emmureeメンバー、
emmureeを愛する全ての方々、

愛する者に(猫含む笑)、



何%かは偽善だが笑、感謝したい。
1日くらいはするべきだと思ってる、笑。


『白い花』は人の力になるような曲ではないかもしれない。
酷く自己満足な曲だしね。
ま、他の曲もだが、笑。

だけど、この曲を聴いて
『なんだか、まぁまぁいい曲だなぁ』
そう思って貰えたら幸せです。

チョット飽きたなぁと思っても
たまに引っ張り出して聴いてあげて下さい。

そしてまた、
『なんだか、まぁまぁいい曲だなぁ』
そう思って貰えたら幸せです、笑。


俺も、赤いちゃんちゃんこが似合う歳になったら
また聴いてみたいものです、笑。



では、また次回。
posted by 想 at 01:51| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

灰色『バレリーナ』。

3曲目。

元々あった『白い花』を除けば、最も早く形になった曲だったかな。
唄メロもほぼ最初に歌ってみた感じのまま。

小ネタ的なアイディアもポンポン出てアッという間に完成してた。

まぁ作曲者であるハルカさんはサビのメジャー感が…って事を気にしてたが
『いやいや、それがイイんじゃん!』と皆で強行しました、笑。

好きだ!笑


しかし、詩をつける時にそのサビの開放感が俺を悩ませた、笑。
やはり詩も、曲の展開にリンクしたいと思い悩む。

で、結局サビに入って場面が変わった風で
『また眼見開いた』
で、戻る感じ風に。
単純な解決方法だが苦労した、笑。


すごく現実味がなく、それでいて本能的な詩。


言葉から連想されるイメージで
心情を描くという、一つの『詩』の形。



本能を解き放ちたい願望と、それを制御する理性。
その歪み。
それを死ぬまで繰り返す。

そんな詩、




…なんじゃないかと、笑。


ついて…来て下さる?笑
posted by 想 at 22:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一息。

また明日あの日がやってくる。







早いものですのぉ。。。。
posted by 想 at 10:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

灰色『story in heaven』

んで2曲目。
予想外のサウンドに皆、目を丸くしたのではなかろうか、笑。

ハルカさんが持って来たデモの段階から今の形に近いけど
最初はもっとポジパンって感じのアンニュイな雰囲気が漂っていた。

が、ノリノリで作業してく内にそれはドンドン消えて行き、
直前まで、唄も殆ど絶叫してるみたいな過激なサウンドになっていた、笑。
 

アンニュイな感じでってコトで進めてたのになぜこんなコトに…。
俺は気がついた。

俺のせいだ!とな、笑。


既にレコーディングに突入してる状態で歌メロを捻り出さなくてはイカン事に。
他の色んな曲の詩もついてない状態なのに…、全く酷い状態だ、笑。


散々後回しにした挙句、もうダメだ…っつーかもうイイや笑という状態で
『いやダメだろ!うぉーっ!!』
と、ギリギリで取り組み完成させる。
カッコ良い上にセンスを感じた、笑。←アホかっ!

好きだ、笑。


んで、その勢いで詩をつける。
アッと言う間に完成だ。

音的に言葉遊び的な方が良かろうと思い、
日本語だか外国語だかの様に歌い、空耳アワー的な
『言ってる、言ってる!』
みたいな詩になってます、笑。

子供感覚で大人が描く笑、内容的には酷く残酷な詩です。
七不思議的な…、子供だから発想は幼稚なんだけど本当だったら恐い、
って事を大人が妄想しながら笑いつつ、
夢のない現実を過ごしてる感じの唄です。

実は曲調とは裏腹に閉鎖的な内容となってます。
パッと見そんな感じがしないトコにセンスを感じる。←お前っ!!


そんな感じでバカさ加減も交えつつ、また次回。

ついて来いっ!!


…………。
posted by 想 at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

灰色『silence』。

俺作曲の中だと一番最後に作った曲。
と、唐突に自己満企画、笑。

ま、多少は需要あるだろって事でお付き合い頂けたらm(_ _)m


で、曲順通りに進行で、まずは『silence』。

この曲はその時に揃ってる曲の中で
不足してる感じの曲をって感じで作り始めました。
ま、なんか重い感じの曲を、的な。

そんで出揃った曲順で編曲してく訳ではなく
最後の最後にアレンジ的な作業に。

ので、

正直な所、アレンジは甘いです、笑。
が、好きだ、笑。

基本的には冒頭のギターと、リズムがループして
ベースラインと歌メロが変化してくって感じなんだけど
ダル過ぎるだろって事でコードの変化を解り易く、っつーか
まぁ大分キャッチーに、笑。

アンミュレの曲は基本、半音下げチューニングなんだけど
この曲のバッキングギターだけローコードの響きを生かす為に
ノーマルなチューニングで弾いてます。

おぉ!なんかロクfみたいだなぁ、笑。
あぁ楽しい、笑。


んで、詩。
『もういいよっ!怒』くらいな勢いでこの日記にも記されてるが


『もう人前で唄を歌う事はないだろう』


1年前に思った時の気持ちを詩にしました。

1年前、そう思う事を上手く自分の中で消化出来なくて
ただただ絶望的な気持ちになった。

そう思う事も、事実 そうゆう状況である事も
とにかく現実を直視出来なかった。
凄く真っ暗で未来なんて全く見えなかった。

唄なんて歌おうと思えば何処でも歌える。

今だって鼻歌歌いながらこれ打ち込んでるからな、笑。

だけど、その時は真っ暗闇の中、ただ無力さに打たれ続けてた。
『唄なんてどうでも良いからせめて他の宝物は壊さないで』
そんな裏返しとも取れる事を思ってました。


自分にとって苦しく、それこそ悲痛な思いを唄にした。
そんな『silence』という曲を歌える事は幸せな事だと感じてます。
アルバムのオープニングを飾るに相応しい曲だと。



と、そんな感じな嘗てない押し付けがましさも交えつつ進行する笑、
全曲解説なんで自分のイメージを大切にしたい人は見ないように!
とは、淋しいから言わないが笑、
『へぇ、そうゆう曲?ありはありかなぁ…』くらいな気持ちでお読み頂けたら、笑。


元々、普通に活動休止みたいな感じだったのに…

普通に?笑

まぁ自分の所為というか、
この日記によって解散とか感じさせる事になってた感はあるから
あまり書くべきではないのかもしれないけど、
その経緯は交えて書きたい。

もやぁ〜…をスキッ!とさせたい、笑。


どうだ!この自己満っぷり!笑
ついて来い!!!笑




ではまたm(_ _)m
posted by 想 at 01:06| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

”Gray Note Freak Show”。

2006年4月9日 目黒鹿鳴館
”Gray Note Freak Show”

Silence
雪月花
バレリーナ
「M」

祈り
-種-
リバティ

四月ノ雨ト…散ル…華二…
Story In Heaven
ジザスカ
ロザリオ 〜罪人に捧ぐBallad〜

葬列とxxx
頽廃ロォマンス
真実の雨

ラブロマンス
白い花

Gerbera
another story of Gerbera


ラブレター
瓶詰少女
絵空事の色彩
グロセックス
楽園

そんな感じで久々の長丁場をなんとか乗り切ってきました、笑。
来て下さった方は勿論、行きたかったが来れなかった方も
この日を楽しみにしてくれていた全ての人に感謝。

このままemmureeは無くなってしまうんではないか?と
心配されてる方もいるようだったので
『解散しません』と宣言してきました。
昨日来れなかった方もそうゆう事なんで
引き続きemmureeを宜しくお願いします。



本編では撮影時の衣装を初めてライブで着てみました。
…失敗だった、笑。
大変動き辛く、必然的にステージングは勿論、色々な面に影響が、笑。
しかし、それはそれで最終的には良かったような気もしてます。
良い、笑。

そんでアンコールでは『love letter』の曲を全曲。
衣装もそん時のジャケ写のを着てみた。
大変動きやすい、笑。

曲的にもお馴染みのナンバー笑、
そしてどの曲も、曲数の多いライブでは存在感もありアクセントになる曲。
それを最後に固め打ち。
良い、笑。

『love letter』だけ買えないって声を良く聞くので
とりあえずライブでプレゼントしようかと粋な計らい、笑。
で、再販は考えてないけど、再録は考えてます。
ずっと前から、笑。
凄い気長に待ってて下さい。


とりあえず今、ホッとしてます、とても。
MCで
『ライブをポンポンやるバンドではなくなってしまったけど…』
云々と思わず言ってしまったけど、たぶんまぁまぁポンポン演ります、笑。


んで暫くオフィシャルの方が更新出来ないんでコチラでお知らせ。
次回は6月6日高田馬場エリアで。
その前にもなんかあったが何日か忘れちゃった、笑。

あと6月7日高田馬場エリアにO.A的な感じで『キカイ』で出演します。


これは2日間とも来るしかないだろ。
よろしくどうぞ。

では次回から誰にも望まれない自己満足企画
『灰色』全曲解説を、笑。
posted by 想 at 18:13| Comment(7) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

emmuree。

明日じゃん、ワンマン。

以前はワンマン前はアレやコレやと心配事が多かったが今回はない。
凄くナチュラルな気持ちです。

去年の今日、本気でemmureeを続ける事は出来ないと思いました。
emmureeだけじゃなく、今ある生活の何もかもを捨てなければならない、
そういう状態でした。

中でもemmureeを続ける事が出来ない、そう思う事がとても辛かった。
自分の口からこぼれるメロディーがとても切なく、現実に涙した。

だけど自分が愛する人達は優しかった。
立ち止ってしまったのは自分だけで
皆、未来を考え、立ち止ってしまった自分を引っ張ってくれた。

そして今、とてもナチュラルな気持ちで明日を待ちわびてます。



ただ…心配事が一つ。
動員だ、笑。
明日の午前中まで予約は受け付けてるんで
emmuree@sann.ne.jp

まだの方はこちらまで、笑。


ま、それ以外については
期待して良し、笑。

じゃまた明日、鹿鳴館で。
posted by 想 at 10:43| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

単独公演前、最後のスタジオ。

な、長い、笑。

『久々だしサクッと終わっちゃう感じにしようぜ!』

そんな野望があったのだが笑、
コレは削れない、コレも演るべきだろって感じで
結局長くなってしまいました、笑。

コンディション的には現在のトコ、非常に良い。


たっぷり楽しんで頂けるかと思います。
あぁ楽しみだ。
posted by 想 at 00:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

忘れてた。

2006年4月1日 高田馬場エリア
白昼のパラドックス.頽廃ロォマンス.雪月花.リバティ.グロセックス.白妙唇


という嘘を長々とつこうと思ってたのだが忘れてた。
まぁいいか、笑。


そんな事より何の山場もなく単独公演が差し迫ってる事にビビる。
五日後か…。

早いモンですなぁ。
頑張ります。
posted by 想 at 23:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

PUNK ROCKな気持ち。

俺はPUNK ROCKが好きです。
最近はそんな音楽を耳にする機会があまりないけど好きです。
大好きだ、笑。

そして最近はオジサンにありがちな懐古的な気持ちからか笑、
激しくそんな気持ちだ。


若い頃は、筋の通ってねぇ話には物凄い勢いで反発心があった。
が、今や年老いてヨボヨボな大人だから体も精神もついていけねぇ、笑。

だけど俺の根本はPUNK ROCK。
それは永遠に変わらない。

大人振った子供(ヴィジュアル的にはオッサン笑)。
内向的で内省的。


音楽にはホント感謝したい。
という、どうでもイイ話、笑。

では。
posted by 想 at 02:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする