2007年03月30日

暫しの沈黙。

しようかと思ってます、日想記。
色々と中途半端になってはいますが。
録音がどうのこうのってアレくらいだが、笑。


まぁ少ないながらも更新を楽しみにしてくれてる方もいるし、
一応宣言しておこうかと。


とは言っても性格上、書いてしまう可能性は高いし
下手したら毎日書くだろう、笑。

だが、触れて欲しいコトには触れない、そんな方向性に暫くは。
痒いトコに手が届かない、そんな方向に暫くは。
手を挙げてみたもののタクシー止まらず、そんな方向に暫くは。
面白いんじゃないかと書いてみたものの取り立てて…、そんな方向に暫くは。
それはいつも通り。


まぁ単独公演まではあまり強い思いは書かないつもりです。
と、書くと意味深ですが別に何もなく、ただそう思っただけです。

そんな訳で流れ上、宣伝で〆、笑。

本日より4月30日、目黒鹿鳴館での単独公演のチケット、
メール予約開始されました。


会場物販での前売りもなかなかどうしてな感じで、
本当に有難い限りです。

もう単純に『行って良かった』と、そんな公演にしたいと思ってます。
まぁ常にそれしかない訳だが。


うん、それだけを考えたいです。


色々と期待して頂きたい。
色々と。

あ、4日とDナイトもよろしく、笑。
では暫くアレします。

また!
posted by 想 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

SAD SONG。

楽しかったムニムニ月間もとりあえず終焉。

2007年3月27日 手刀DOME

手紙
story in heaven
Gray Note Freak Show
絵空事の色彩
バレリーナ
ラブロマンス
アンティーク


後半にカタカナが固まる感じ。

絶賛ラブロ中。
ウマい事ライブで育てて行こうと、そんな感じ。

まぁまだ育ってない感が満載、笑。

全体的なアレとしては俺というダメ人間に


喝!


です。



とりあえず今後は単独までアンミュレとしてのライブがないけど
この期間を大切に過ごしたいと思います。




さて、
この日は高校生の時からの俺の夢が叶った日でもあった…。

D'ERLANGER『LA VIE EN ROSE』をライブで歌わせて頂いた。

最高の夜。

極上の夢…。


大ai○コールの中、VOX-SYO-入場。
場内、笑い声、笑。

コールをしろ!コールを!笑


とりあえずステージ上のCIPHER率の高さが異常。


すげぇ楽しかった。
それに尽きる。



猛烈な気持ちの昂りから某Dナイトに出演する事を決意。
2007年、SYO再び…。

で、そのまま野音へ。


やっぱ人間って楽しい。
posted by 想 at 01:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

欲望渦巻く街にて。

何年か振りに新宿にてライブ。
たぶんアンミュレでは通算3回目?かと思う。
まぁどうでも良かろう。


そんな訳で新宿ホリデーは初です。
なんか作りがGIOっぽいとハルカさんと話しておりました。
まぁどうでも良かろう。



2007年3月25日 新宿ホリデー

覚醒
ラブロマンス
呼吸
アンティーク




以上、4曲。

ラブロは何気に久々。

旧ver.で演りたいと主張した俺の意に反し、
近未来な具合になってしまったラブロ。

このロマンスの行く末はドコ…。



そんでもう次のライブが差し迫ってる状況が
都内では何気に久しぶり。

まぁヨロシクです。

27日は
『ア ン ミ ュ レ な の に チケット取れなかった』
って人も居るかと思うのですが
そんな方は追加公演的に考えて貰って、4月4日に是非、笑。


さて、
そんな訳で今日の公演終了。

チョイとばかしキッズな気持ちにさせて貰う時間もありで
充実した1日でした。


白妙唇もチョイ待ちでなんとかしたいと思ってます。
よろしく。
posted by 想 at 03:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

テンションUP。

チョイとばかし過酷な…って程では今となってはないが
まぁ色々あり予定通りこなせなかった事がチラホラ。


だが逆に良かったかなと思う。


今はいい感じのテンションで色々とアレコレしてます。



まぁ暫し待て、笑。




まずは25日。
久々になってしまった曲を演ってみる。
なんか随分変わり果ててしまったが良い感じだと思う。

そんで27日。
セッション的なコトがあるとかないとか。
楽しみです。

更に4月4日。
キカイ。
俺的な豪華メンバーで出演。
まぁヨロシク、笑。


以上を経て
4月30日の単独公演。

濃度100%なアンミュレ。

ドロッドロな濃縮された一時を、共に是非。
アンミュレ塗れ、阿鼻叫喚、地獄絵図。

ヒヒヒヒヒッ、ガーッ!



では、笑。
posted by 想 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

強さと弱さ。

自分に見えてるモノ、
自分が思い描く世界の中だけでは、
生きてはいけない。


たまには辛いコトもある。


そして辛いのは自分だけではない。



誰もが弱い。

人の弱さは、人を辛くさせる。



その時々、強さの形は人それぞれだから、
それを誰も責める事は出来ない。

誰だって幸せでいたい。


時々見失ってしまうけど、
辛い境遇に陥った時が、再び気付かせてくれる事もある。



とりあえずなんか辛い笑。

俺、弱ぇ笑。
まぁ精一杯の、ミリ単位の強さで乗り切ります。


じゃ。
posted by 想 at 01:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

小休止。

猛烈に忙しい気がしてるが、実は何もしてない今日この頃。

現実逃避に励もうと某捩じれ時計にメール。


『今、スペイン。』


なかなか刺激的な返信だ。


俺の人生史上で、行ったコトのある最も遠い場所は広島。
完敗である。


その他諸々、よそんチが勢力的な状況は
自分達のコトも色々と考える刺激になります。


そして色々考えた結果、

半年程休みたい

そんな気持ちになった、笑。


休むと言うかそれくらいの時間が欲しい気持ち。


現実的には先々の予定、例えば6月6日とか笑、
そんな感じで決まってるコト、なんとなくのプランもあるので
まぁ、やるしかなかろう。


やる。

やるぞ。



とりあえずそんな感じ、笑。
posted by 想 at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

宅列!ラブレ。

実はこんな回想をしてる場合ではなくなってしまったのだが、
ドンドン書く、笑。

さてそんな訳でD1600によるラブレ編。

当時アンミュレはドラムが居なくて打ち込みで活動していました。
宅録において大きな壁はまずドラム録音なので打ち込みだったのは
プラスという意識で作業してました。

今思えばそんなコトもないんですが。

だが当時ドラムフレーズのワンフレーズをループで録音して
それに合わせて上モノを録音、最終的に詰めたドラムを再度流し込み
みたいなコトをやってたのでまぁ良かったのではないでしょうか笑。


もっとも難航したのはやはりイコライジングでした。
音質の調整です。

今も全然ダメなんですが笑、当時は付け焼き刃的な知識のみで作業しつつ、
その知識を疑問視しながら感覚で決定していくって感じで
とにかく不安で仕方ありませんでした。


今聴いてもプレイ的なコトは勿論、やはり音質的なダメさは痛烈に感じます。

しかしその他の作業では、今でも唸る発想が随所に散りばめられ
関心してしまう点もなかなかどうして。
と、言わせて下さいm(_ _)m 笑


やっぱ生ドラムでって気持ちが強かったコトもあり
打ち込みで流しこんだドラムパートをスタジオで全開にならし、
その音で振動するドラムセットの音を録音して混ぜたりもしました。

あまり効果はなかった気もするが気持ち的にやった感ありでした、笑。


その他にもこれでもか!って程にギターを重ねたりもしました。
ライブで再現する事は不可能。

しかしライブでのプレイはギター1本だがプラスα感があり、
なんなんでしょうか?あの人は?、そう思わざる得ない感あり笑。


ベースは朋さん特有の頑固さに、無知な俺は負けてしまい苦戦する。

まぁ今なら理想とする音に
少しは近づけてあげる事コトは出来るかなとは思うが。
苦労した以外の記憶なないな、笑。



歌はまぁHMZのレコで学んだ小技を最大限に発揮。

ディレイ音にだけリバーブをかけてみたり、
同じ箇所を2回歌って重ねるダブルって手法があるんだけど
効果的なダブルの入れ方を更に模索してみたり。

この頃はとにかく思いついたコトはなんでもやって結果を聴く、
そんな感じだった。

以降、その作業が段々頭の中で完了していって更に発展してる気はしてる。



とにかく当時はマメだった。
機能的な制限と作業効率とのバランスを考えながら
今の機材ならそこまでするコトはないだろ、ってトコに相当手間をかけた。

しかしそれだけの成果を感じない仕上がりになってるのは
非情に残念だ、笑。


しかもあまり大したコト書いてないトコも実に悲しい、笑。

そんな感じの展開で更に続けていきます、笑。

次回、というか次に宅列を書く時は
『リバティ、雪月花、an acute前編』
その辺りになると思います。

数少ない支持者達よ、
最後の一人になってもついて来い!



じゃ。
posted by 想 at 03:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

ルート。

何度も出てる気がしてたが、


実に2年振り2度目。
道に迷う。


2007年3月8日 本八幡ルート14

祈り
バレリーナ
Gray Note Freak Show
葬列とxxx
春想う、色彩よ。
ラブレター


朋さん案を主体にしたセットリスト。
とりあえず暗い。

彼は何かと暗い。
あぁ気持ち悪い…。


さて笑、
まぁそんな感じの本八幡。

久々に和み空間な楽屋。
色々と多方面に渡る刺激的な会話をしつつ、
自分を見つめる。


現在、いいメロディーと衝動的な音の固まりとで
脳が2分割されてます。

それぞれからイメージされる絵面もまた2分割。

そしてこれまでの曲が生まれてきた過程や当時の記憶、

思い。


今思い悩む事は、必然で、且つ重要な事だと思う。

バンドをやりたいのか?と言われればやりたいし、
音楽をやりたいのか?と言われれば微妙…かもしれません。

この問いから更に様々な分岐があって、
結局辿り着く結論は

『ハぁイ、ハイ、ハイ。』

そんな感じです、笑。

葛藤なんてそんなモノ。


おしまい。



と、軽く締めるコトによって前向きな気持ちになれる俺。

言い換えれば、
アーティスティックな気持ち。




…はい、おしまい、笑。
posted by 想 at 02:41| Comment(9) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

宅録列伝!D1600編。

とっくの昔にこの企画はつまらないと思っている。
しかし後には引けない。


さて様々な不満を感じてきたのもありD8から鞍替えを考え出す。
当時、ハードディスクレコーダーは最も旬な時期だったのではないかと思う。

各社から様々な機種が発売され色々と検討。

そんで結局D8の後継にあたるD1600を購入。
最も貢献している機種でもある。

8tr同時録音、16tr同時再生と今思ってもなかなかの優れものである。
実際、現在も現役で使ってる。

D8から引き続き内蔵エフェクター関係はザックリした感じだが
実はそこが一番素晴らしいポイントではないかと今は思う。


D1600で作成されたのは、love letter、リバティ(配付)、
あとダミチルとのカップリングCD。

あ、あとオムニバス購入特典とか、最初のデモテもチョイと。



ラブレを宅録でってのは結構冒険でした。
やはり『宅録=ショボい』って図式は崩し難いモノだったし。

だが、デモテのレコはレコスタで行なったのだが、
満足のいく作業が出来ず、再びそうゆう状況になるのにも抵抗があった。

経済的な理由も勿論あった、笑。


そういえばラブレ前にオムニバスのレコがあったな。
これはまた重要な出来事だった。



その後、『祈り』『灰色』、あとは配付版『手紙』『an acute』
とかのレコをやって貰う事になる佐野さんによる作品です。

『M』と『ラブロマンス』という曲が収録されてるのですが、
音がどうこう言うのは解らないまでもレコ過程に発案されるアイディア、
そしてそれが形になったモノを聴き、得たモノは実に大きい。

勉強になった。

まぁ今では
『こんな感じどう?』
とか言われると面倒臭ぇなとか思うコトもありますが、笑。

しかしやはり常に勉強になるし、心の師匠とさせて頂いてます。


そんな経験もありつつ、
最終的にラブレは宅録でってコトに。
なかなかのプレッシャーと共に希望の炎が燃え上がる。

まず即戦力になりそうな小手先の知識を寄せ集める笑。




意外に長くなってしまってるのでもっと小刻みに展開してく事にします。

たぶん色々挟んでのの次回になると思うが
まぁ次回に続くってコトで。
posted by 想 at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

緊急告知。

…と言うか告知漏れ。

4月30日の目黒鹿鳴館『単独公演』のチケットに関してなのですが
メールでの予約受付は3月30日から開始となります。

特別な意味はないのですが。

予約のメールを頂いて、
『3月30日からでお願いします』的な返信が届いている方、
ホントにすいません。

お手数をお掛けして大変申し訳ありませんが
3月30日以降に再度メールして頂けたら幸いです。


現在ライブ会場のみでチケットの販売を行っておりますが
soldする事はまずないと思われますので
愚痴りつつ3月30日までお待ち頂きたいですm(_ _)m。

ちょっとゴタゴタしてしまいましてスイマセン。



ついでに3月8日の出演時間についての問い合わせも多いとのコトなので
曖昧でスイマセンがお知らせを。

最後から2番目です。


こちらは誠意予約受付中です。
emmuree@sann.ne.jpまでお願いします。




以上、色々すみません。
そして色々と頑張っています。
posted by 想 at 03:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

宅録列伝!D8の巻。

さて予告通り、皆どうでもイイと思ってるトコに宅録列伝。
とりあえず俺もどうでもよくなっている、笑。


アンミュレでレコーディング的な事をしたのは
配付の『楽園』が最初でした。

その後、これまた配付の『グロセックス』でした。


で、この2本はKOLGのD8という機材で録りました。

当時はまだまだ単体MTRの時代でPCとか『???』でした。
だがデジタル録音ってのがメジャーに成ってきた時期でもあった。

当時の機械の売り文句はとにかく
『プロクオリティ』。


だが実際はそんな甘くはなく、全くト木木な気持ちを抱えるのだった。

何がどうで、って説明は別にいらないだろ、笑。



さてそんな機材でズブの素人が音源作成に取りかかる。



まず問題になったのは同時に録音出来るトラック数が
2トラックしかない事。

要するにドラムを録るにもマイクを2本しか立てられないって事。

浅知恵を振り絞り、バスドラとスネアにマイクを立て、
同時にMDのステレオマイクで全体を録るという作戦を決行。


そんでバスとスネアの入ったD8にMDで録った全体を流し込む。
タイミングが合うまでひたすら手動で。

だが数時間後、要らない部分を指定してカットしたり、
逆にチョチョいと無音を挿入出来るという事を知る、笑。

しかし無駄とも思える努力は結構な満足感が得るコトが出来るので
あり。


あとはまぁ普通にベース録ってギター録って歌を録って、と。


そしてミックスダウン。


この作業が素人には非常に壁である。

どう壁なのか、その辺の説明もする必要はないだろう、笑。
まぁ前も書いた気がするが料理で言えば塩加減の調整とかそんな感じ。


で、その作業をD8ではザックリとしか出来ないのでそれ系の書籍とか見て
真似ようと思っても機材的な制限で真似すら出来ない。

そうなれば独自の感性で突き進むしかない。

雰囲気を作る様なエフェクト処理は
作業する人の感性次第と思っていて、正解がないモノだと思う。

だがアンミュレに関しては、他のどんなエンジニアよりも
俺が正解を持っている。

と、力強く言えるようになりたい、笑。


さてそんな『楽園』と『グロセックス』を久々に聴いてみる。

想像してたよりはイイ、笑。


そうなって来るとまた違った視点で当時を振り返る。

『あぁ、あんなコトしたなぁ。』
『こんなコトしたなぁ。』

そんな回想が時間差で経験として今の自分にインプットされる。


ただ歌とか若過ぎてピチピチ、笑。






戻りたい…。
posted by 想 at 01:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする