2016年10月11日

ぽーるちゃん。

一ヶ月半程前から、我が家に猫的な生き物が生息し始めました。

所謂、キジトラ柄の雄で、…。【サイレンス】的な『dreamer dreamer』で言えば
トランペットの「トラ」というコトになるが、「ポール」と名付けた。

理由は特にない。
レスポール、有名なベーシスト、指パッチン、
諸説あるが、直感だ。

当初は、やはりイマイチしっくり来なくて、呼びづらかったりもしたが、
今ではどこからどう見ても、ポールだ。




もうペットを飼うコトはないだろうなと思っていたし、その気もなかった。

それがなぜ飼うコトになったのか、書くと言ったモノのなんて書こうかなぁと考えた時、
やっぱりサスケのコトを思い出す。

そして思い出すと今でも涙が出る。
ちょっとだけど。


飼わない理由、最初の頃はまたそう言う気持ちを味わうのは辛いというのもあったけど、
居ないと何かと楽だ、というのも、今では本音だ。



以前に飼っていたというコトもあり、産まれたとか、捨て猫を拾ったとかで、
飼わないか?という話を貰うコトは多いかもしれません。

そんな時は、どうしても貰い手が見つからなかったら、いつもそう言って、
後日、引き取り手が見つかったという連絡を、ちょっと残念な気持ちで聞くのです。


そんなコトが何度かありながら、
一ヶ月半程前に小さなキジトラ柄の猫がウチにやって来た。

ポールという名前を付けました。
理由は特にない。

直感だ。




今のところ、とても凶暴に育っているので、
名前のニュアンスのように、もう少しまろやかに育ってくれたら嬉しいなぁ。



そんな訳で、また猫バカ野郎として生きていくコトになりました。

長生きせねばなりません。


ポール共々、今後とも宜しくお願い致します。
posted by 想 at 21:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぽーるちゃんは優しい飼い主に巡り会えて幸せですね(*´∇`*)
Posted by p。 at 2016年10月12日 19:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック